代表挨拶

今、税務を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。
法人を国内に留めて雇用を守るために世界中で法人税率の引き下げ合戦が繰り広げられている一方で、多額の財政赤字に苦しむ日本では財源確保のため、個人に対する課税を強化することが至上命題となっています。

当然、流れとしては、個人にかかる税金である、所得税や消費税、相続税といった税目の課税強化が進んでいくことがほぼ確実な状況です。

今後、ますますその流れが進むことが推測される中で、個人の方は積極的な対策を取って行かなければ、個人への課税の強化の流れの中で多くの財産を失っていくことになるでしょう。

しかし残念ながら、不条理な税金の負担からクライアントの財産を守るべき我々税理士自身が、このような環境の変化を理解せず、旧態依然とした税務申告業務や記帳代行業務といったルーティンワークをただただ遂行することに執着されているように感じます。

本来、我々プロフェッショナルこそ、時代の流れを読み、その流れを理解した上で、お客様の財産を守る提案をしなければならない立場なのです。
「最高の提案をお客様にお届けする」
この経営理念の下、税理士法人アレースでは、お客様の状況に合わせた最高のご提案を積極的にしていきます。


2015年4月
税理士法人アレース代表税理士
保手浜 洋介

「最高の提案をお客様にお届けする」

今、税務を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。
法人を国内に留めて雇用を守るために世界中で法人税率の引き下げ合戦が繰り広げられている一方で、多額の財政赤字に苦しむ日本では財源確保のため、個人に対する課税を強化することが至上命題となっています。

当然、流れとしては、個人にかかる税金である、所得税や消費税、相続税といった税目の課税強化が進んでいくことがほぼ確実な状況です。

今後、ますますその流れが進むことが推測される中で、個人の方は積極的な対策を取って行かなければ、個人への課税の強化の流れの中で多くの財産を失っていくことになるでしょう。

しかし残念ながら、不条理な税金の負担からクライアントの財産を守るべき我々税理士自身が、このような環境の変化を理解せず、旧態依然とした税務申告業務や記帳代行業務といったルーティンワークをただただ遂行することに執着されているように感じます。

本来、我々プロフェッショナルこそ、時代の流れを読み、その流れを理解した上で、お客様の財産を守る提案をしなければならない立場なのです。
「最高の提案をお客様にお届けする」
この経営理念の下、税理士法人アレースでは、お客様の状況に合わせた最高のご提案を積極的にしていきます。


2015年4月
税理士法人アレース代表税理士
保手浜 洋介

代表社員 税理士 保手浜 洋介
(公認会計士・税理士・行政書士)


京都府出身
慶應義塾大学経済学部卒業

都市銀行勤務を経て、2005年デロイトトゥーシュトーマツ入社
監査部門で外資系証券、国内金融機関、東証1部上場の電子部品メーカーなどの金融商品取引法監査に従事。
その後、税務部門にて国際税務を含む各種大型税務案件に従事。
2015年税理士法人アレースを設立し、代表就任、現在に至る。