争族危険度チェックテスト

現在の家族構成についてお聞かせください

子供がいない場合には、配偶者が亡くなる二次相続時にどのように承継を進めるかイメージして、それに沿った対策を検討しましょう。

独身のあなたは、配偶者やお子さんが争いに巻き込まれることはありませんが、兄弟姉妹での争いになる可能性もありますので、相続時にどのように承継を進めるのかイメージして、それに沿った対策を検討しましょう。

特殊な家族関係がありますか?(複数回答可)

先妻の子や後妻の子がいる場合には、事前の対策なしには、トラブルに発展しないケースはないと言っても過言でありません。

内縁の妻や認知した子供がいる場合には、相続に際して特に配慮しなければ、特にトラブルに発展しやすいですので、特に注意が必要です。

相続人の中に、顔も合わせたくないほど嫌いな者がいる場合には、相続に際して遺産分割の方法を工夫しなければいけません。

配偶者とご自身の親兄弟との仲が悪い場合には、事前に対策を取っておかないと、遺産分割がスムーズに進まない危険性があります。

ご自身の相続財産の分け方について、特に意向はありますか?(複数回答可)

相続権のない孫や兄弟、第三者に遺産を与えたいのであれば、事前に遺言を残しておかなければいけません。

子供の嫁には相続権がありあせんから、特に子供の嫁に財産の一部を残したいのであれば遺言を残す必要があります。

事業の後継者を、複数の候補者から選定する場合には、特に遺言だけでなく、スムーズな事業承継のために、対策を取る必要があります。

公益事業などへの寄付には税務上の特典がありますが、遺言を残しておかなければ、それが履行されない可能性があります。

事業をされていますか?

事業の後継者を、複数の候補者から選定する場合には、特に遺言だけでなく、スムーズな事業承継のために、対策を取る必要があります。特に自社株の分割については、専門家に相談する必要があります。

事業の後継者を子供以外の者に引き継がせるには、遺言を残すだけでなく、自社株の分割方法などについても専門家を交えて、十分な環境整備を進めることが必要です。

相続税について

相続税がどのくらいかかるか、相続税額をシミュレーションしてみましょう。

相続財産が金融資産の場合には納税資金は確保されていますが、相続税が過大になっている可能性があります。

相続財産のほとんどが不動産や非上場株式の場合は、納税資金確保のための対策が不可欠です。

不動産はお持ちですか?

自宅で使用してる不動産を誰が相続するのかでトラブルに発展する可能性があります。

お子様と同居されていますか?

複数いる子供のうち一人と同居している場合、遺産分割方法でトラブルに発展する可能性が高まります。

お子様と同居されていますか?

生命保険には非課税枠がありますので、それを有効活用しましょう。

遺言を書いていますか?

遺言は家族間のトラブルを避けるためにとても重要です。

相続対策はとっていますか?

顧問税理士は相続の専門家とは限りません。相続の専門のプロの診断を受けましょう。

まだまだ元気と思っていても、いざ元気がなくなってからの対策では遅いことがあります。対策が必要な場合には、早めに対策に着手しましょう。

体を壊してから、又は認知症が進んでからの対策は困難を極めます。対策が必要な場合には、対策の着手が急がれます。

争族危険度を判定する